田中雄大の挑戦!超優良株投資億万長者入門

ネット株式売買講座-信用取引編 

手軽なネット取引での株式売買。その中でも上手に運用すればローリスクハイリターンな信用取引の極意を伝授するサイトです。負けない基本は欲張らないこと。短期で負けない株運用は中長期の勝ちを意味します。

サイトマップ

資産を増やす

相場の考え方は百人百様ですから、何が正しいということはありません。

どんなに理屈を並べても利益を得た者が勝ちで、損をした者が負けであるといえるでしょう。

しかし、相場を行なおうとするものは、利益を得ること、つまり自分の運用資産を増やすことが目的であることに疑問の余地はありません。

問題は一般投資家のように資産を増やすのを運良く増やせばよいと考えるか、専業投資家のように資産を増やすべくして増やすかという考え方の違いにあります。
例えば企業であればそこに働く社員に給料を払い、会社を維持するのに費用がかかりさらに利益も出さなければならないとしれば1年間にいくら売上を上げなければならないかと計算できます。

現場の営業はその売上を達成するため各部でいくら1つの課でいくらと予算が決められ、各営業はそれを達成するように毎日仕事をします。

与えられた予算を日割り換算し、1日いくら売り上げればよいと考えるか、それを1週間単位で考えるか、月単位で考えるか四半期単位、半期、そして1年と定点で予算と実績を検証していきます。

それが達成されていれば年間予算は達成され、達成されていなければ差異分析が始まり、今後の計画変更や計画達成のための処方箋が決められます。

相場でも同じことでやってみてそれがいくらになったかと考えるのか、最初からいくらにすることを予算として決定し、それを1年間かけて達成していくかという考えの違いです。



投資家のニーズは人それぞれですから投資家の数だけあります。

計画は無理があれば達成できません。

無理な計画、常識外の計画はどこかで破錠します。

リスクを増やせばリターンも増加傾向を示しますが、リスクを増加させたときリターンの割合はそれに見合うだけ増加しません。

つまりどの程度リスクを取りながらリターンを追求するかそのバランスが重要です。

例えば退職金3000万円をもとに毎年1000万円程度の生活費を捻出したいとします。

将来的に特定口座の税率が20%に戻ると仮定すれば1000万円程度の生活費を得るためにはおよそ1日あたり運用資産を0.14%程度で複利運用すればよいことになります。

これは当初1日あたり4万円程度。

運用資産が4203万円になっても6万円円程度です。

また、1週間で最初は21万円程度、最終週で30万円程度が目標です。

計画が決まればあとは毎日あるいは1週間単位でその目標をどのように達成していくか考えればよいことになります。

ここで重要なことは運用資産は3000万円ですが、実際には信用取引を使い約3倍の9000万円程度使えるということです。

9000万円を使って最初の1日目は4万円を取る、これが課題です。

同様に9000万円を使って最初の1週目は21万円程度を取ることを目標にします。

例えば4万円の利益を得るには200円の銘柄を1万株買い、取引コスト込みで5円程度とればよいことになります。

1週間であれば22円程度取ればよいのです。

また、1回で5円、22円を取る必要もなく、2回でも3回でも分けて構いません。

更にここでは9000万円のうち200万円程度しか使っていません。



あまり難しいことを考えずに、とにかく利益を確保して計画を達成しさえすれば自分の目標は達成されます。

要はこれをどのようにして確からしいものにしていくかということです。

そのためにテクニカル分析を用います。

これまで投資の世界では年20〜30%のパフォーマンスを達成するとそれはとてつもないすごいことだと言われました。

例えば年金の利回りが5.5%程度ですからプロと言われている方々が運用してもコンスタントにハイパフォーマンスを維持し続けることは至難の業なのです。

では、数年で100万円、1000万円を1億円を超える金額にするというのはどういうことでしょうか。

年金運用のパフォーマンスに余裕があれば、年金破錠懸念など出てくるはずもありません。

十分な退職金と年金が貰えれば1億円あれば老後は万全かもしれませんが、昨今の若者は自分がそうなるとは思っていません。

ですから自分に必要な資金は自分で相場を通じて得ようとしているのです。

若者にとって1億円あってもそれはマンションを、家を購入すれば消えてしまいます。

ですから1億円は通過点であっても最終目標ではないのです。

ご紹介した方法は投資資金3000万円に対し信用取引を使って9000万円程度使えるにしろ現実には数百万円程度を使うことでも利益追求ができることを意味しています。

仮にその銘柄が倒産したとしても3000万円のうち消えて行く資金は数百万円に抑えることができます。

1%の常識

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
負の連鎖から脱出し勝ちパターンへ
信用取引で利益を得る
同じ失敗の繰り返し
負ける原因を排除
信用取引は担保取引
価格推移の分析
相場に乗る
波動
資産運用?
資産を増やす
1%の常識
ネット取引
スイングトレード
デイトレード
時代はネット株
投資革命 ― 1日20分で1億円をめざす株式システムトレード
リンク集
【兜町特捜最前線】WINTRADE最新仕手株情報!
【プログレスマインド】年利48%の実績・リアルタイム株式個別銘柄配信
☆『本当に勝てる銘柄配信、株で勝つ方法』本物の投資顧問会社の銘柄配信サービス!

















































































ネット 株 口座 開設



ネット株式売買講座-信用取引編 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。