田中雄大の挑戦!超優良株投資億万長者入門

ネット株式売買講座-信用取引編 

手軽なネット取引での株式売買。その中でも上手に運用すればローリスクハイリターンな信用取引の極意を伝授するサイトです。負けない基本は欲張らないこと。短期で負けない株運用は中長期の勝ちを意味します。

サイトマップ

専業の利益|資産運用?

相場を当てようとする投資家は、相場が当たらず反対方向に動いたとき、まず敗戦処理をしなければなりません。

それもすぐに行動できず、評価損がかなり拡大してから行動することになります。



その時相場は本来売りに変わったところからかなり動いているわけで、意を決して損切りを行ないそこからカラ売りと考えても、今度はかなり安いところを売らなければならなくなります。

そしてその安く損切り、新規で売ったところは高値から売っている投資家の絶好の買い戻し局面になります。

しかし、買いが継続している相場がテクニカル的に売りになるポイントをまたいだとき、その瞬間に新規のカラ売りを行える資金量が潤沢な専業は、そのポイントでカラ売りを行い、あとはそれまでの買い方が利食い売りを出してくるあるいは目先の高値を買ってしまい、損切りを行う投資家が投げてくるのに乗って、利益を得ることができます。

その売りが継続する限りカラ売りしたポジションは持ったままでよくあとは相場が止まるパターンになるかどうか確認していればよくなります。

つまり、チャンスが来たときにすぐに乗ればよい、乗ることができる専業投資家と一度チャンスが来ても乗れない投資家の差は決定的だということです。

これ以外にも専業はザラ場を見られるなどメリットはたくさんありますが、専業投資家の投資行動と一般投資家の投資行動の差、そして一般投資家の中でもネット派と対面派との行動の差が相場の変動を決めていくのだと考えます。



常に建玉をしていて、それも利益になるものはすぐに利食い、評価損が拡大したものは損切りをすることなく持ち続け、少ない利益と大きな損失でやればやるほど負けていく投資家。

それも大相場にあたっても利益にならず、常に相場をあてようと考え、大きく取ろうと考え、キャッシュポジションが低い投資家が負けている事実。

それに対して常に建玉をせず、小さな利益でよいから確からしく取れるところのみで売買をしていこうとし、それでもダメならすぐに損切りを行う投資家。

相場を当てようとせず、相場の流れに乗ろうと考え、キャッシュポジションが高い投資家が勝っている事実。

これをどのように認識するかが、現代のネット時代の信用取引を理解するキーポイントになるでしょう。

なぜならこのことが、これまでの常識を凌駕し、短期的に資金を増やす考え方につながるからです。

資産を増やす

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
負の連鎖から脱出し勝ちパターンへ
信用取引で利益を得る
同じ失敗の繰り返し
負ける原因を排除
信用取引は担保取引
価格推移の分析
相場に乗る
波動
資産運用?
売買速度の違い
専業の利益
資産を増やす
スイングトレード
デイトレード
時代はネット株
投資革命 ― 1日20分で1億円をめざす株式システムトレード
リンク集
【兜町特捜最前線】WINTRADE最新仕手株情報!
【プログレスマインド】年利48%の実績・リアルタイム株式個別銘柄配信
☆『本当に勝てる銘柄配信、株で勝つ方法』本物の投資顧問会社の銘柄配信サービス!




























銘柄 情報



ネット株式売買講座-信用取引編 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。