田中雄大の挑戦!超優良株投資億万長者入門

ネット株式売買講座-信用取引編 

手軽なネット取引での株式売買。その中でも上手に運用すればローリスクハイリターンな信用取引の極意を伝授するサイトです。負けない基本は欲張らないこと。短期で負けない株運用は中長期の勝ちを意味します。

サイトマップ

売買速度の違い|資産運用?

相場が動くときに対応する専業投資家と、相場が動いてから対応する一般投資家とでは、新規注文にも手仕舞い注文にも大きな差が生じます。

それが長い目で見たときにパフォーマンスの違いとなって現れます。

専業は自分のノウハウに従い、自分の意思で注文を出します。

一般はノウハウがないため、人の意見を聞いて行動します。

聞いた人は常に正しい答えを出してくれるかどうかわかりません。

どうしていいか悩んでいる間に損は限りなく増大していきます。



専業は目先の利益を優先するため、一種逆張り的なやり方もありますが、概ね相場の流れに乗る順張り的発想で行動します。

順張りという概念は簡単に言えば買った瞬間から利益になり、売った(カラ売り)した瞬間から利益になります。

なぜなら相場が動く方向にポジションを傾けるので、それが最も効率的だからです。

従って相場の方向と自分のポジションの方向が合わないと判断した瞬間に利食い損切りを行ないます。

ですから評価損が拡大した状態はありえません。

もちろん追証などありえません。

一方、一般は順張り志向する方もいますが、逆張りで考える人が多いようです。

日本では誰が教えたのか知りませんが、相場で儲けるためにはという命題に対し、安く買って高く売るというたった一言の言葉で答えることが常になっています。

確かに安く買って高く売るのですが、それは上昇トレンドにある銘柄を安く買って高く売るのであって、下落トレンドにある銘柄を安くなったから買うという意味ではありません。

下落する銘柄を買うのでどこかで相場が反転し上昇に転じてくれればいいのですが、時として相場の流れが変わらないので助かりません。

また、常に行動が送れるため、それも信用で買っているので、評価損も拡大する傾向が強くなります。

資金に余裕がある方はいいでしょうが、専業投資家がこのようなことをしていては生活ができなくなってしまいます。

結果、専業投資家は自分の運用資産を合理的かつ効率的に増やそうと行動し、順張り+ストップオーダーという発想になり、一般投資家はそのうちなんとかなれば良いと肝上げ、逆張り+損切りせず+ナンピンということになり、最後は資金がなくなって市場から退場を余儀なくされます。



これは、専業は相場を事業として捉え、そこにはマネジメントがあるのに対し、一般は儲かりそうだからという発想のみでマネジメントがないことが原因にあります。

1000万円が500万円になってしまうのはマイナス50%しかし500万円を1000万円にするのは100%のパフォーマンスです。

運用資金の2割3割負けるのが当たり前な一般投資家に対し、専業は最初からそんなに負けないようマネジメントを行ないます。

何故なら大きく負けてしまっては自らの成果るが成り立たないことを熟知しているからです。

人によってどの程度で損切りするかはまちまちですが、運用資金の1〜3%程度の負けで抑えておかないと負けはあっという間に拡大します。

だから黙って機械的に損切りを行ないます。

結果いつもしこり玉を持たず、キャッシュポジションが高い傾向が顕著となります。

一般投資家で負ける方は、一度買ったら損切りせず、最初のポジションを助けるため何度もナンピンを繰り返します。

相場の流れが変わらないと、それが何年も続くことにになります。

数年前までの制度信用取引制度がほとんであった時代は、6ヶ月経てば制度的にリセットされていたので相場のアク抜けが顕著でしたが、最近の一般信用取引利用で期限がなくなり、何時まで経っても買い方が投げることが無くなる傾向が生まれています。

また、当初資金に対しての金利ではなく、融資額に対して金利が発生するので、仮に貸し方金利が3%であれば、信用取引枠一杯の建玉には担保金に対しての3倍の9%がかかることも忘れてはなりません。

1000万円の担保に約3000万円建玉であれば3000万円に対して年90万円の金利負担が生じ、これは1000万円から差し引かれることを考えれば、建玉し続けることだけで年9%マイナスになっていくということです。

つまり、評価損を抱えたポジションを持ち続けることは精神衛生上よくないだけでなく、実質的金利負担という運用資産に対するデメリットがあることを忘れてはいけません。



ある証券会社の調査によれば、利益になる投資家は、概ね1ヶ月程度で反対売買しているそうです。

逆に3ヶ月以上建玉する投資家はそこから評価損が拡大する傾向があるといいます。

専業の利益
【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
負の連鎖から脱出し勝ちパターンへ
信用取引で利益を得る
同じ失敗の繰り返し
負ける原因を排除
信用取引は担保取引
価格推移の分析
相場に乗る
波動
資産運用?
売買速度の違い
専業の利益
資産を増やす
スイングトレード
デイトレード
時代はネット株
投資革命 ― 1日20分で1億円をめざす株式システムトレード
リンク集
【兜町特捜最前線】WINTRADE最新仕手株情報!
【プログレスマインド】年利48%の実績・リアルタイム株式個別銘柄配信
☆『本当に勝てる銘柄配信、株で勝つ方法』本物の投資顧問会社の銘柄配信サービス!









































































さくらネット



ネット株式売買講座-信用取引編 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。