田中雄大の挑戦!超優良株投資億万長者入門

ネット株式売買講座-信用取引編 

手軽なネット取引での株式売買。その中でも上手に運用すればローリスクハイリターンな信用取引の極意を伝授するサイトです。負けない基本は欲張らないこと。短期で負けない株運用は中長期の勝ちを意味します。

サイトマップ

相場判断|相場に乗る

相場を買いから入った場合、どうなれば利益になるのか、それは自分が買った後に他の投資家がさらに高値を買ってくれれば利益になります。

これが最も重要な命題です。



つまり、買いは他の投資家が買いと判断する条件を満たしているうちは成立しますが、それを満たさなくなった時に終わります。

その後時間が経過してまた買いになることもありますが、一度売りになったあと、いつ買いになるかもわからないし、仮に買いになったとしてもその前に信用取引維持率を割り込んで手仕舞わなければならなくなるかもしれません。

ネット取引では取引コストを殆ど考慮する必要がないので、とにかく売りに変われば買いボジションを持つ必要がなく、その後買いに変わればまた新規で買えばよいだけです。

そこで買いの条件とはそれは相場が時間の経過とともに高値を更新していくことです。

一度付けた高値はその時点ではもうこれ以上買わない、ここは売りと判断されたポイントです。

そのポイントを超えることは更に高値でも買うよという意味です。

自分が買った後に更に高値で買う人がいるのですから、まだ値上がりするかもしれないと判断されます。

それではいつ買い終わると判断されるのでしょうか、それは一度つけた安値を割り込むことです。

安値はその時点ではここでは買いますよ、これ以上売りませんよと判断されたポイントです。

そのポイントを割り込むことはあのときは買いといったけどもっと安い値段で売るよという意思の現れになります。

このことをダウ理論として相場の動きを上昇トレンドと下落トレンドに分けて定義します。

上昇トレンド=次の高値は前の高値より高く、つれて次の安値は前の安値より高い

下落トレンド=次の安値は前の安値より安く、つれて次の高値は前の高値より安い



つまり、我々投資家はチャートを見ながらその後の相場が上記条件に対してどのように反応して動いているかを確認しているのです。

具体的にはチャートが上昇の「N」(波動)をしめしているのか、下落の「N」(波動)をしめしているのか、交互に出てくる高値と安値の推移を確認することです。

上昇トレンドにある相場は、高値を付ける前の安値を割りこむと、定義上は下落に入ったとされます。

つまり買いポジションを持っていい限界点は安値を割り込むまでとなります。

しかし、その前の安値と安値を結んだ線を割りこむと、その時点で安値トレンドが維持されないと捉えられてしまいます。

逆に考えれば押し目になるパターンでは安値と安値を結んだ線あたりが意識されます。

下落トレンドにある相場は安値を付ける前の高値を超えると定義上上昇に入ったとされます。

つまり、売りポジションを持って良い限界点は高値を超えるまでとなります。

しかし、その前の高値と高値を結ぶ線を超えると、その時点で高値のトレンドを超えたと判断されてしまいます。

逆に考えれば、戻り売りになるパターンでは高値と高値を結んだ線あたりが意識されます。



相場が変化するポイントは、1つ1つローソク足の高値と安値、そしてローソク足の連続により事後的に表される主要な高値と安値、さらにそれらと高値と高値、安値と安値を結んだ抵抗線支持線、それらの組み合わせによって決まります。

ここで事後的という表現を使いましたが、相場の変化を確認するという意味が含まれています。

しかし、それが確認されるまでにはある程度時間がかかります。

そして、変化がわかったときにはすでに評価益は減少し、場合によっては評価損が拡大し、これまで説明してきたように損切りができなくなるかもしれません。

ですから、ネット時代の信用取引では、取引コストを考慮しないため、変化したと思われる段階で逃げてしまうことが肝要です。

波動
【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
負の連鎖から脱出し勝ちパターンへ
信用取引で利益を得る
同じ失敗の繰り返し
負ける原因を排除
信用取引は担保取引
価格推移の分析
相場に乗る
相場判断
波動
資産運用?
資産を増やす
スイングトレード
デイトレード
時代はネット株
投資革命 ― 1日20分で1億円をめざす株式システムトレード
リンク集
【兜町特捜最前線】WINTRADE最新仕手株情報!
【プログレスマインド】年利48%の実績・リアルタイム株式個別銘柄配信
☆『本当に勝てる銘柄配信、株で勝つ方法』本物の投資顧問会社の銘柄配信サービス!



























































オーライネット



ネット株式売買講座-信用取引編 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。