田中雄大の挑戦!超優良株投資億万長者入門

ネット株式売買講座-信用取引編 

手軽なネット取引での株式売買。その中でも上手に運用すればローリスクハイリターンな信用取引の極意を伝授するサイトです。負けない基本は欲張らないこと。短期で負けない株運用は中長期の勝ちを意味します。

サイトマップ

価格推移の分析

大きな損失は相場の流れに反した売買から生じているとするなら、相場の流れをどのように考えればよいのでしょうか。

相場を趣味や生き甲斐として行っている方は、今後の世界経済、日本経済そして各企業がどうなるかなどを、ああでもない、こうでもないと思いを巡らしながら相場を行えばよいと思います。

ただ、そこに継続的な利益の確保までを持ち込むのはどうかと思います。

論評して相場に勝てるなら、評論家は皆相場で大儲けしているはずです。



そうではなく、投資を運用資産を増加させる目的で考えている人は常に合理的思考と効率的判断で行動することになります。

相場はある日突然買われたり、売られたりしているように思われますが、何故そこで買われるのか、売られるのか、あるいは自分はそこまで買うのか売るのかの判断ができないと何にもなりません。

別に相場全てがテクニカル分析で動いているわけではないので、ここでは極論を述べているとお考えください。

テクニカル分析指標には実にたくさんの種類があります。

ストキャスティクス、RCI、MACD、ADX・・・・・

沢山指標があっても結局どのテクニカル分析指標もそのとおりに売買できなければダメです。

なぜなら下落する相場を買いから入っている人は、テクニカル分析指標通りに売買しているとは思えません。

中にはテクニカル分析の取り扱い説明も読まずに勝手に解釈している方もいます。

基本的売買ができないのに、このようなテクニカル分析指標が使えるはずはありませんし、指標を自分勝手に間違った考え方で使っても損が拡大する一方です。

もしそうであれば、テクニカル分析指標は最初から使わない方がよいと考えます。



オシレーター系指標を使う人の中には、相場のトレンドも売買の基本も考えずに、20%を超えたら買い、80%を割り込んだら売りとそれだけ考えている方がいますが、我々はオシレーターを売買しているのではなく、相場に出てくる価格を売買しているのです。

価格おを売買するのに、何故価格についての分析をしないのでしょうか。

多くの投資家がこの点を軽視しているようです。

つまり、他のテクニカル分析指標より、価格の動きを示すローソク足の分析が最重要課題だということです。

ローソク足は日本が誇る世界に冠たる分析手法です。

ローソク足に関しては、昔から、たすき、包み、差し込み、捨子線・・・などとパターン別に説明がなされています。

但し、パターンで覚えると応用がきかなくなります。

相場は生き物ですからその時その瞬間どうであるか、それまでの相場推移を含めて考えなければなりません。

ですから、ローソク足の推移を見て、投資家が買おうとしているのか、売ろうとしているのか、その本質から考えることが重要です。

結論を言うと、ローソク足の推移から導かれる相場の法則を利用することが、安定的収益を上げることにつながります。



なぜなら明日、来週の相場がどうなるかわかりませんが少なくとも前日、前週、その前のローソク足のデータは確定しているのですから、それを使って相場を考えればいいだけです。

ローソク足の相場
【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
負の連鎖から脱出し勝ちパターンへ
信用取引で利益を得る
同じ失敗の繰り返し
負ける原因を排除
信用取引は担保取引
価格推移の分析
ローソク足の相場
相場に乗る
波動
資産運用?
資産を増やす
スイングトレード
デイトレード
時代はネット株
投資革命 ― 1日20分で1億円をめざす株式システムトレード
リンク集
【兜町特捜最前線】WINTRADE最新仕手株情報!
【プログレスマインド】年利48%の実績・リアルタイム株式個別銘柄配信
☆『本当に勝てる銘柄配信、株で勝つ方法』本物の投資顧問会社の銘柄配信サービス!
















































投資 資産運用



ネット株式売買講座-信用取引編 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。