田中雄大の挑戦!超優良株投資億万長者入門

ネット株式売買講座-信用取引編 

手軽なネット取引での株式売買。その中でも上手に運用すればローリスクハイリターンな信用取引の極意を伝授するサイトです。負けない基本は欲張らないこと。短期で負けない株運用は中長期の勝ちを意味します。

サイトマップ

負ける原因を排除

欧米の投資家はまず第一に負ける原因を排除することから始めます。

負ける要因を排除する、即ち負ける原因になる行動を取らなければ、これまで大きな損失を出してきた投資家と同じようになることは避けされる可能性が増します。

可能性が増すという表現は、テロや地震、あるいは企業倒産上場廃止業績の急変など、避けることができない事象は回避のしようがないことを意味します。



同時に、投資家の失敗例を理解していると、その反対の行動(これはトレンドに逆らわないと同義)を取ることが利益につながるということでもあります。

世の中の全ての投資家が一瞬にしてこれまでの失敗例を止めるということはありません。

これはマーケットに入ってきては消えていく投資家の循環の中で、常に相場初心者が入ってくるからです。

相場と長い間つきあっていると、合理的判断とは異なるラッキー、アンラッキーということを経験します。



いつも信用取引枠一杯の売買を繰り返しているのに、その時に限って建玉をしていなかったために、業績悪化などによる突発的な下落の影響を受けない投資家もいます。

そうかと思えば普段売買していないのにその時に限って信用取引枠一杯の建玉をして、その突発的下落に遭遇して一瞬で資産を失う投資家もいます。

これらの事象はどう考えてもどうなるかわからない分野に属します。

そのため、一般的に相場の考え方には、1銘柄に全ての資産をそれも信用取引のようにレバレッジをかけて投資しないよう分散投資という概念が使われます。

また、信用取引では、保有する株式を担保として差し入れることができるので、担保として差し入れている銘柄と売買する銘柄が同じになることを禁じる通称「二階建て」を禁止する証券会社が多くなります。

二階建てになっていると、(保証金−評価損)÷融資残高×100%で計算される委託保証金率が急速に悪化します。

保証金の価値が下がり、同時に信用評価損が拡大するからです。

確かに動く銘柄に信用取引枠一杯の建玉をした方が巧くいったときの利益が大きいことは事実ですが、相場がアゲンストに振れたときの損失も大きくなることも事実です。

同様に、銘柄を分散することにより、同一銘柄売買のリスクは逓減できるかもしれませんが、同一銘柄にすべてかけた時より利益が少ないかもしれません。

分散投資をしても、テロが地震など、マーケット全体を襲う暴落の際には損失は避けられません。

では、どうすればよいのでしょう。



これは回答のない問題であり、各自が決めるべきことです。

それにいつ起こるかわからないことを気にしていては何もできません。

暴落は誰も予想していないから起こるのです。

管理責任
【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
負の連鎖から脱出し勝ちパターンへ
信用取引で利益を得る
同じ失敗の繰り返し
負ける原因を排除
管理責任
損失のレバレッジ
信用取引は担保取引
価格推移の分析
相場に乗る
波動
資産運用?
資産を増やす
スイングトレード
デイトレード
時代はネット株
投資革命 ― 1日20分で1億円をめざす株式システムトレード
リンク集
【兜町特捜最前線】WINTRADE最新仕手株情報!
【プログレスマインド】年利48%の実績・リアルタイム株式個別銘柄配信
☆『本当に勝てる銘柄配信、株で勝つ方法』本物の投資顧問会社の銘柄配信サービス!


































2ch 株



ネット株式売買講座-信用取引編 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。