田中雄大の挑戦!超優良株投資億万長者入門

ネット株式売買講座-信用取引編 

手軽なネット取引での株式売買。その中でも上手に運用すればローリスクハイリターンな信用取引の極意を伝授するサイトです。負けない基本は欲張らないこと。短期で負けない株運用は中長期の勝ちを意味します。

サイトマップ

スイングトレード

ここからの話は、前述の運用計画を達成するためにテクニカル分析をどのように使うかというヒントです。

相場をどのように行うか、それは各自が相場を行う目標や知識、経験、ザラ場に対応できるか否か、目先の収入や年齢等々をよくよく考慮の上で決めることです。

知人がデイトレードをやっているから、大きな資産を築いた投資家がやっているからという理由で、自分もそれと同じことをやろうと思ってもなかなか同じようにはいきません。

成功した者にはノウハウがあり、成功した時(相場の状況)があり、何わからない人ができるわけもないのです。



よく移動平均線を超えたら買い、割ったら売りと言います。

これには2つの意味があり、1つはトレンドに逆らった売買は止めて、トレンドに乗る売買を心がけるようにするという意味です。

もう1つは利益にならず損が嵩んでいるのにMACDがどうのこうの、ストキャスティクスやADXがどうのこうのと話をする方がいますが、移動平均線を超えたら買うこともできず、まして移動平均線を割り込んでいるのにそれを損になったままほったらかしにしていることに対して、何をを言っているんだという意味です。

要は相場の基本が伴わないので利益が出ずに損を出しているのに、それをも理解していない投資家が多すぎるということです。

相場を当てるのではなく、相場の流れに乗る。

利益が伴わない、損がかさんでいる投資家はまず移動平均線を利用したスイングトレードを徹底的に習得すべきです。

昔からマーケットでは自分で決めた本数の終値を合計し、その本数で割ることで平均値を計算し、その平均値と現在の終値を比較することで相場が買いなのか、売りなのかを判断してきました。

これは平均値を現在の終値があるところに移動するという意味で移動平均と呼ばれ、これらの値を結んだものを移動平均線と呼びます。

移動平均線の入ったチャートはネット証券の情報端末で見られるはずです。



現在の終値がこの移動平均線の上方にあることは、移動平均線の先端が上向いているので相場の流れは上向きであると判断されます。

しかし、現在の終値がこの移動平均線の下になることは、移動平均線の先端が下向きに変化してくるので、相場の流れは下向きに変化していると判断されます。

つまり終値の平均である移動平均線はそれ自体相場のトレンドを示します。

そして最も重要なことはこの通り行動することが最も効率的と考える多く投資家がこの動きに従って買ってくる売ってくるということです。

移動平均線での売買を示す1つのイメージとしてグランビルの法則があります。

株価が安値圏にあり、主要な安値が前の安値を割り込まないなどの準備構成を経たあと終値が横ばいになっている移動平均線を超えるとそれが買いのサインになります。

また、上昇する移動平均線を一旦割り込んだものが再度移動平均線を超えてくると買いサイン、さらに移動平均線水準まで下がった株価が移動平均線かその上方で反発するとそれも買いサインになります。

また、一旦大きく買われた相場で株価が移動平均線を割り込んでくると売りサイン、その後、上昇から下落に変わった移動平均線を株価が一旦上抜いたあと再び移動平均線を割り込んでも売りサイン、さらに下落途中に一旦移動平均線まで戻った株価がそこから下落するとそれも売りサインとみなされます。

確かに原理はそのとおりですので、トレンドの向きに従い、上昇トレンドは買いから入り、下落トレンドではカラ売りから入ることが肝要ですが、今のネットの時代は、本気で攻めるか軽く流すかのメリハリはつけるとして、短期移動平均線の上か下かでいくらでも短期売買をすることができると思います。

自分で考える

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
負の連鎖から脱出し勝ちパターンへ
信用取引で利益を得る
同じ失敗の繰り返し
負ける原因を排除
信用取引は担保取引
価格推移の分析
相場に乗る
波動
資産運用?
資産を増やす
スイングトレード
自分で考える
サラリーマンは週足で
分足のスイングトレード
相場は相場の流れの中で考える
デイトレード
時代はネット株
投資革命 ― 1日20分で1億円をめざす株式システムトレード
リンク集
【兜町特捜最前線】WINTRADE最新仕手株情報!
【プログレスマインド】年利48%の実績・リアルタイム株式個別銘柄配信
☆『本当に勝てる銘柄配信、株で勝つ方法』本物の投資顧問会社の銘柄配信サービス!














































ネットキャッシング



ネット株式売買講座-信用取引編 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。