田中雄大の挑戦!超優良株投資億万長者入門

ネット株式売買講座-信用取引編 

手軽なネット取引での株式売買。その中でも上手に運用すればローリスクハイリターンな信用取引の極意を伝授するサイトです。負けない基本は欲張らないこと。短期で負けない株運用は中長期の勝ちを意味します。

サイトマップ

信用取引で利益を得る

我々個人投資家にとって信用取引とは、より多くの利益を勝ち取りたいがために利用するものです。

投資家は利益を得るために市場にやってくるのですから当然です。



運用資産が100万円しかない投資家は1000株でなく10000株買えたらもっと利益になるのにと考えます。

利益追求、勝つことが目的ですから負けることなど考えません。

たくさん買えばたくさん儲かると誰もが自分の運用資産以上に売買させてくれる信用取引に手を出すのは当たり前で自然の流れです。

最近は一般信用取引の普及で期限なく建玉を維持できるようにもなっています。



投資の世界はリスクリターンのバランスの上に成り立っています。

リスクを取らなければリターンは存在せず、リスクを取ればリターンもある代わりに損失発生の可能性も増加します。

理想を言えば100万円の資金を1億円稼ごうとすると、信用取引で枠一杯に取引を行い、株価が2倍になる銘柄を4回売買を繰り返せばいいのです。

株価が2倍になるような変動幅の大きい銘柄は少ないないでしょう。

期間を定めなければ、10年かけてやればいいので、難しいことはないように思えませんか?

どれだけのリスクを取るか、それは各投資家が自分の置かれている立場を熟知した上で自分で決めることです。

いつも信用取引の枠一杯に取引を行い、多額を利益を上げたものは勝ちで、どこかで躓いてしまったものは負け。

理論的にどうこうよりも、相場は常に結果が伴います。

最初は、資金のうちの何割からの建玉であっても相場が下落するとナンピン買いを繰り返していくといつしか信用取引の枠一杯になってきます。

最初から枠一杯の取引を行うのも、結果敵に枠一杯になるのも、枠一杯という観点では同じです。

リスクをとるから利益があるのですが、リスクの取り方にも、リスクを逓減させるやり方もあれば、リスクを逓増するやり方もあります。

投資家であれば、できるだけ損をしないように、且つ利益を沢山取りたいと思うのは当然なので、前述のように4回の最大リスクを取る勝負に出ることが良いことなのか、悪いことなのか考えなければならないと思います。



できるだけ損を少なくしながら、大きな利益を取る。

一見、そんなことあるわけないと思う玉虫色的発想こそが、昨今の大きな利益を積みましている投資家達の基本発想であり、これを可能にしたのでが、ネット取引です。

ネット取引では取引コストは考えない
【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
負の連鎖から脱出し勝ちパターンへ
信用取引で利益を得る
ネット取引では取引コストは考えない
信用取引で追加証拠金なんてナンセンス
同じ失敗の繰り返し
負ける原因を排除
信用取引は担保取引
価格推移の分析
相場に乗る
波動
資産運用?
資産を増やす
スイングトレード
デイトレード
時代はネット株
投資革命 ― 1日20分で1億円をめざす株式システムトレード
リンク集
【兜町特捜最前線】WINTRADE最新仕手株情報!
【プログレスマインド】年利48%の実績・リアルタイム株式個別銘柄配信
☆『本当に勝てる銘柄配信、株で勝つ方法』本物の投資顧問会社の銘柄配信サービス!






























証券 比較



ネット株式売買講座-信用取引編 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。